読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブツヨクブログ

つかっているものをメモするよ

「さるや」の楊枝を贈る

2月14日はバレンタインデーだったが、僕はチョコレートを食すのがあまりよろしくないので違うものをあげようと思い、丁度うちの安爪楊枝にご意見をいただいていたタイミングもあり、日本橋にある日本で唯一の楊枝専門店である「さるや」の爪楊枝を買って贈った。

 

f:id:meymao:20170215222126j:image

 

このお店を目当てに行かない限り、ばったりとは出会えそうにない日本橋の裏手の路地にそのお店はある。

店内では楊枝専門店らしく、幾種類かの絵柄や文字の入った箱に詰められた楊枝が並ぶ。

どれにしようか迷い「振り出し楊枝」(小型)を買った。

 

f:id:meymao:20170215215043j:image

 

手のひらサイズの長方形の箱に楊枝が入っており、名の通り、みくじの要領で振り出して楊枝を取り出す造りになっている。

箱を小刻みに振ると、小さく空いた穴から楊枝の先がひょいっと顔を出す。 

 

f:id:meymao:20170215215045j:image

 

箱の蓋はスライド式になっており、開けて楊枝を取り出したり補充することもできる。

 

f:id:meymao:20170215215050j:image

 

 一本一本手作りで、折ると芳香がある黒文字*1を使用している。

 

振り出し楊枝(小型)は約50本ほどの楊枝が入って、600円(税別)。

振り出し楊枝の他にも、大入や隈取、千両箱などの箱があり、一週間〜十日ほどの時間があれば箱への名入れもお願いできる。

どれも千円前後の価格、名入れでも二千円程度で、ちょっとした贈り物だけでなく、お年賀などにも丁度よいので、いつかの機会にまた贈りたい。

 

楊枝(ようじ) 爪楊枝 黒文字楊枝 【日本唯一の楊枝専門店 日本橋さるや】

 

 

 

*1:クロモジはクスノキ科の落葉低木のことをいい、樹皮に黒い模様があることによりそう呼ばれてるとのこと。清涼感のある香りと弾力性があることが特徴。